葬儀のスタイルは

葬儀の形式は変わっている

葬儀スタイルの多様化

葬儀の形式は多様化しつつあります。昔ながらの一般葬、家族や親しい間柄のみで行う家族葬、通夜式を省略する一日葬、通夜式、告別式を行わず火葬のみ行う火葬式、お骨を骨壺に納めず、粉砕して山や海に撒く散骨葬(自然葬)。故人の想いや遺族の事情などを考慮して、葬儀形式を選ぶようになっています。このうち近年増加傾向にあるのは家族葬です。儀礼的な弔問客の対応をせずにすみ、落ちついて故人の最期を見送れるのが人気の理由です。家族葬を専門に扱う業者もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved