葬儀での忌み言葉

葬儀での忌み言葉には

葬儀のマナー 忌み言葉とは

葬儀に参列なさる場合には、当然求められるマナーというものがあります。代表的なものに、忌み言葉が挙げられます。これは、不幸なことがあったときに、再び繰り返されないように、との思いからきている習慣です。起源も、おそらくかなり古いものと思われます。具体的には、かさねがさね、かえすがえす、くれぐれ、たびたび、しばしば、またまた、ふたたび、などの繰り返しを意味する言葉を使用しないということです。このことは、現代の礼儀作法の本などにも掲載されていて、よく知られていることなので、これらの言葉をうっかり口にしないよう注意が必要です。葬儀は、大切な方を見送る大切な場です。忌み言葉を使用しないなどの、その場に合ったマナーを守りましょう。

葬儀のマナーを知ってください

葬儀のマナーについてですが、当たり前のようにしていても中々知らないという面があります。お香典を出すにも、お札の数を奇数数にすることをしなけえればなりません。3000円、5000円と言った具合です。偶数のお金を包むのであれば、1万円と5千札2枚にすることが好ましいです。さらに、葬儀に参加する際には服装も喪服または準じた服を着る事をしてください。男性は喪服が無ければ、スーツに黒の腕章を付けましょう。そして、お焼香する際には遺影に一礼し、遺族へも一礼をしてください。エナメルや革のバックなどは控えてください。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved