葬儀でのお悔やみ

葬儀でのお悔やみでは

葬儀に関するお悔やみの言葉

葬儀には多くのマナーがあります。例えば服装や御香典の表書き、そして宗派や宗教によって変わる数多くの作法や礼儀があります。中でもお悔やみの言葉には葬儀への参列の場合は受付の段階から遺族へのご挨拶、そしてスピーチを頼まれた際に至るまで必要となりますので気を付けなければいけません。また遠方で参列できない時などにはお手紙、お香典を御送りしたり文章でも必要となります。例えば忌み言葉というタブーになるワードや不幸が繰り返すような表現を入れないようにする等様々なマナーがありますので慎重に言葉を選ぶようにしましょう。

参列する場合はマナーを確認

葬儀は故人との別れや弔いの場であるため、参列する場合はマナーに十分注意しなければいけません。例えば、訃報を受け通夜に参列する場合は平服でも構わないとされていましたが、近年では近親者以外も通夜に参列する場合が多く、喪服を着用する事が一般的です。女性はアクセサリーを外し、化粧も控えめにする事も大切です。葬儀では、まず受付で香典を渡しお悔やみを述べます。案内された会場では携帯電話などの電源を切り、周りとの会話も挨拶程度に抑えて静かに待ちます。後は宗派に合わせて焼香などを行うだけです。もし、通夜振る舞いや精進落としの席に案内されたら、故人を偲び、静かに頂戴する事がマナーとされます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved