最近みられる葬儀

最近みられる葬儀では

簡素かつ小規模化する葬儀

葬儀は、43万年前の化石人類シマ・デ・ロス・ウエソスも行っていたとされ、日本国内でも数か月〜3年の月日を要する殯と呼ばれる葬送方法が神代の時代から現在まで皇室で引き継がれていますが、今上天皇が殯の実施に対して懸念を示しています。国民の間でも、盛大かつ大規模な葬儀から簡素かつ小規模な家族葬や直葬、ゼロ葬などが増加傾向にあり、特に基本的に家族と限られた親類縁者で行われる家族葬が主流になると予想されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved