家族葬でのマナー

家族葬でのマナーとは

家族葬に参列する葬儀マナー

家族葬は、一般葬に比べて参列する人の人数も少なく、小さい葬儀ですが、葬儀マナーは、通常とかわりません。小ホールや部屋などで行われるため、故人の家族や身内の距離も近く、服装やマナーが間違っていれば、すぐに目についてしまい失礼のないようにしなくてはなりません。式の最中や清めの食事をいただくときでも、手数が少ないため、お手伝いを頼まれたりすることもあるかもしれません。家族葬に参列する人たちは、故人に親しい方なので、手厚く故人を弔うことができ、費用面でも安上がりとなるので、この先の時代では、主流となる傾向にあります。

戸惑う焼香のマナーと作法

葬儀に参列する時には、その服装や遺族にどう声を掛けるべきか等のマナーがいくつか思い浮かびますが、こうした事項は一般的に定着し、迷われる方は少なくなっています。しかし、何度葬儀に参列しても戸惑う事項として焼香が挙げられるのではないでしょうか。焼香の順番が来れば、参列者、お寺さん、遺族に一礼をして焼香を行い、終われば逆の順番に再度一礼して自分の席に戻ると言う動作は心得ていても、焼香の回数などに戸惑われるのが普通でしょう。この焼香自身は仏教の作法であり、宗派によって異なるものです。その宗派に合わせた作法が分かればベストでしょうが、自分の家の宗派の作法に従って心を込めて行えば、決してマナーに反するものではなく、戸惑う事無く粛々と焼香をされれば良いと言えるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved