葬儀の参列での髪型

葬儀の参列での髪型とは

葬儀での参列の髪型のマナー

葬儀は、厳かな雰囲気の中で、故人を極楽浄土へ送るための大切な儀式ですので、マナーを守ることが大切です。遺族が悲しんでいる中で、不適切な発言や行動をすれば、故人に対して失礼に当たり、遺族や他の参列者に対しても、心の傷を更に深めてしまいます。葬儀に参列する際は、スーツなどの適した服装をしましょう。また、髪型に決まりはありませんが、ブラッシングや整髪料で整えるのが良いです。長い髪の毛の方は、後ろで束ねるのが理想的です。香典を持参したり、焼香時のマナーなどもあります。各宗派によって多少の違いはありますが、基本的な礼儀を身につけておけば、もし、間違った作法をしてしまった場合でも、そのことに対して怒ったりする遺族はいません。

葬儀に参列する際の服装マナー

葬儀に参列する際は、マナーを守らなければいけません。大切な家族を失った遺族に対し、失礼にならないよう配慮が必要です。葬儀の服装は男性の場合、黒のスーツ、ネクタイ、靴下、革靴に白のワイシャツが基本となります。ヘアスタイルに決まりはありませんが、最低限ブラッシング程度は行い整えましょう。女性の服装は、黒のワンピースかアンサンブルスーツ、ストッキング、革靴が基本となります。アクセサリーは派手なものではなく、パールのネックレスやイヤリングにとどめておきましょう。バッグを持つ場合は、ツヤのない物にしましょう。また、ヘアスタイルは髪の毛の長い方は後ろで束ねるなど配慮しましょう。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の参列での髪型とは All rights reserved